医学部 臨床医学顎口腔外科学Oral and Maxillofacial Surgery

JapaneseEnglish

研究室HP

1

当教室は、顎口腔外科学と矯正歯科学を統合し講座運営を行っている。現在は、教員7名、医員2名のスタッフにより、種々の顎口腔外科疾患、矯正歯科疾患、有病者歯科疾患に対する診療、研究および教育研修に取り組んでいる。

お問い合わせ

TEL: 076-286-2211(内線7032) +81-76-286-2211 / FAX: 076-286-2010 +81-76-286-2010 / Email: stoma@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講座主任

  • 瀬上 夏樹 瀬上先生037

准教授

  • 松本 剛一
  • 石橋 浩晃
  • 出村 昇

講師

  • 加藤 崇雄

助教

  • 蓮本 美穂
  • 加藤 晃一郎

主な研究業績

部門別研究業績

  • T. Kato, N. Segami, H. Sakagami: Anti-inflammatory Activity of Hangeshashinto in IL-1β-stimulated Gingival and Periodontal Ligament Fibroblasts, In vivo (Athens, Greece), 30: 257-264, 2016.
  • G. Matsumoto, T. Ueda, Y. Sugita, K. Kubo, M. Mizoguchi, E. Kotani, N. Oda, S. Kawamata, N. Segami, H. Mori: Polyhedral microcrystals encapsulating bone morphogenetic protein 2 improve healing in the alveolar ridge, Journal of Biomaterials Applications, 30: 2; 193-200, 2015.
  • K. Kato, N. Segami, H. Fukuda, H. Minato: Rheumatoid nodule in the lower lip of a patient with rheumatoid arthritis: a novel case report and review of literature, J. Oral Maxillofac. Surg., 72: 1532. el-5, 2014.
  • N. Demura, M. Hasumoto, N. Segami: Bilateral craniofacial microsomia: orthognathic treatment for an advanced dentofacial deformity, Am J Orthod Dentofacial Orthop, 143: 404-411, 2013.
  • H. Yoshimura, M. Honjo, T. Sugai, K. Kaneyama, N. Segami, N. Kato: Correlation between stimulation strength and onset time of signal traveling within the neocortical neural circuits under caffeine application, Neurosci Res., 70(4): 370-375, 2011.

主な外部研究資金

  • 平成28~30年度 科学研究費助成事業 基盤研究(C)(一般) 研究代表者:松本 剛一
    「スフィンゴミエリン合成酵素を標的とした口腔癌のリンパ節転移阻害機序の解明」
  • 平成28~31年度 科学研究費助成事業 基盤研究(B)(一般) 研究代表者:石橋 浩晃
    「おとり遺伝子による多分子同時阻害を標的とした純国産型癌遺伝子治療法の開発」
  • 平成28~30年度 科学研究費助成事業 若手研究(B) 研究代表者:加藤 晃一郎
    「口腔癌の浸潤性増殖における細胞膜活性脂質の役割」